読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終日雨です。

4月4日(月)

朝から雨。外は雨。横田順弥のギャグ「朝だ。雨だ。浅田飴だ」を思い出す。

午前中は松村整形。経過がいいので痛み止めが減った。よしよし。

仕事は進まず。少々焦る。

気分転換に、積ん読だった『戦争の日本中世史」をぱらぱら。やたらと戦後歴史学の批判をしているのが、鼻について来る。文体も、少したつと意味が分からなくなりそうな流行に触れてギャグっぽくしたり、何となく軽薄。

軽薄でもいいのだが、最大の問題は、あんまりおもしろくないこと。マルクス主義にとらわれた戦後歴史学の批判や先行研究者の批判などが山盛りで、でもそれらは部外者からすると何だかどうでもいい話。自分の論だけ書けばいいのではないか、と思う。途中で挫折、本棚に戻す。