読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竜頭蛇尾 または私はなぜスポーツが嫌いか あるいはビヨンセは良い

日記

先ほど書店から帰る道すがら、知り合いのブルースギタリストに会って、少し話した。その時に「今度、あそこのスポーツバーで一杯」と言われ、反射的に「それがねえ、自然とスポーツは嫌いなんですよ」と答えてしまったので、ずいぶんと妙な顔をされた。確かにかなり唐突で、これはそう答える方がムチャである。申し訳ない。

自然(花鳥風月)が嫌いと云うのは横において、スポーツ嫌いというのはスポーツそのものではなく、そこに仮託して熱狂することが嫌いである。スポーツ選手が必ず何かを背負って戦う姿も嫌いである。そういう「嫌い」である。だからひどく主観的な話なので、今回のように「嫌い」と他人様に向って拒絶するような話ではない。最近は少し「思った事を口にしないように」と気をつけているのだが、疲れていたり暑苦しかったりすると、ついそういう良くない言い方をしてしまい、あとでいやぁな気持ちになる。なるけれども言ってしまったものは取り返しがつかないから、次はやめようと心に決める。決めてしばらくはそれで行けるのだけれども、そのうちだんだんガードが低くなり、そうこうするうちについ、ぽろっとやってしまう。これはたぶん死ぬまで治らない、というのは本当は甘えで要は真剣に治そうとしていないのだと思うけれどもそれはまた別の話である。

仮託して熱狂するのが嫌い、というのは、例えばスポーツ選手の戦いぶりに自分を重ねて、自分の想いを託して、心を昂らせることが嫌いなのである。そうすることが怖い。自分がいかに感情コントロールができない人間かは56年も生きてくれば何とかうすぼんやりと分かって来ているので、ここでロックを外してしまったらどうなるか見当がつく。やばいことはできない。そうすればひと皮むけるという悪魔のささやきもあるが、いやいや剥けなくとも結構ですと答える。臆病のママで結構である。

もうひとつ、スポーツ選手が何かを背負って戦う姿を見るのが嫌いだ。これも突き詰めれば「スポーツ選手が●●(国でもチームでも何でもいい)を背負って戦っているな、と想像する自分」がいるわけで、つまり客観的にスポーツ選手が背負っているかどうかは実は関係ない。自分の幻想である。勝手に状況を想定し勝手にそれを嫌っているのだから、これを独り相撲と言う。誰かがウッディ・アレンの短篇を評して「自分自身に向ってシャドウボクシングをやっている」と書いていたが、まさにそれである。

何をごちゃごちゃ書いているんだと叱られそうだが(誰に?)、何だか僕も説明しづらいのでさっさと切り上げる。要は「汗臭いのが嫌い」、でいいかも知れない。皆が同じものを見て熱狂する、スタジアムとかアリーナとかいうスタイルが苦手なのだ。いいじゃん、そんなことしなくたって。まあペプシの宣伝でブリトニー・スピアーズビヨンセとピンクがアリーナで「ロックユー」を歌う奴がありあれは大好きだけれども、それはあまり関係ない。関係ないついでに埋め込みテスト。それにしてもビヨンセはいかにも楽しそうであります。後半はオリジナルのクイーンの曲も入っていて、おトク。

わけ分からなくなったのでおしまい。